Agents

張り替えにあたり

網戸の張り替えをするにあたり

網戸の張り替えを必要とする場合、まず、現状の網戸の状態を知ることが大切です。網の色、太さ、網戸のサイズは重要です。 網戸は昔は当たり前に各家庭で張り替えたものでした。 しかし、今の時代の網戸は昔の弱くて細い網戸と違い、しっかりした頑丈なものになってきています。網もペラペラでなく、太く丈夫です。色にも変化がでてきました。黒く景観を損ねないおしゃれなものも出てきています。網戸は業者に依頼して張り替えてもらうか、家庭で家族と張り替えるか、おそらくまだ自宅で張り替える方が多いのではないでしょうか。値段も安く済むためそのほうがいいと思われる方がほとんどだと思います。網戸の質とか施工後の耐年数等を考えるとどうなかと思うこともあります。

自分ですべきか。専門業者に依頼すべきか。

張替えは、前述したように、各家庭ですることが多いでしょう。 頻繁にすることではないので、張替え時期が来ると、前回を思い出しながら、ワイワイとすることになります。広い規格の網戸ですと一人で作業するのはかなり難しいです。二人がかりで息を合わせて張替えないと、パッキン的なゴムが、溝にうまく入らなかったり、入っても浅かったり、結構難しいものです。家庭で張替えるだけで、小さな工具も必要になります。持っていて損にはなりませんが、ほとんど出番が少ないのが現実だと思います。 自分で張替えた場合、外れやすかったりという現実もあります。 ですので、多少金額は高くなっても業者に施工してもらうのも一つの方法ではないかと思います。